THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

CIEEの海外留学

留学生活

CIEEアメリカ高校留学に挑戦

留学生の皆さんにとって、1学期間だけの滞在であっても、1年間の滞在でも、あるいは卒業までの滞在であったとしても、あるいは将来の大学選びやキャリア選びがどのようなものであったとしても、F-1ビザによる私たちCIEEの高校留学プログラムは、アメリカを経験しつつ学ぶベストの体験になるでしょうし、皆さんの将来に有益なものとなると考えます。

 

アメリカのハイレベルな学校で、あなたの理想の留学生活を実現しよう
  • 留学生一人ひとりにとって理想的な学校選びが可能です。全米に広がる公立、通学制の私立、寮制の私立学校がその対象です。
  • 滞在期間(1学期、1年、卒業まで)、滞在方法(ホストファミリーからの通学、寮滞在)、勉強する内容や学校での活動、語学面でのサポートなどを参加者のニーズに合わせて選ぶことができます。
大学進学に向けていち早くスタート
  • CIEEの300を超えるメンバー大学を含めた大学進学へのプランニング・カウンセリング
  • 英語の強化プログラムや試験の準備に関する案内・ガイダンス
  • 様々な国に派遣されるCIEEの夏休み短期派遣プログラムを通じてリーダーシップを学び、大学で認められる単位も獲得できる
将来へ向けた準備
  • アメリカの文化や生活に溶け込むことで、人生の長きにわたって心に残る旅や新しい友人作り、新しいことへの挑戦ができます。
  • インターンシップやサービスラーニングの機会を通じて、将来の可能性を様々に広げることができます。

豊富な学校選び

CIEEアメリカ高校留学は、革新を求める留学生のためにデザインされています。

  • 高いレベルの高校から自分の学びたい学校を選ぶことができる
  • スポーツや様々な活動に満ちた留学生活の実現
  • CIEE交流プログラムの鍵である、人生を変える経験、文化体験

アメリカには様々なタイプの学校があります。高校の多くは公立高校ですが、様々な国からの学力の高い学生を受け入れている通学制の私立高校あるいは寮生の私立高校もあります。

CIEEアメリカ高校留学のパートナースクールの多くは、レベルの高い入学審査基準を持っています。受入校の在校生は自分自身の目標を持った生徒で構成されています。CIEEのパートナースクールのような環境では、勉学に真剣に取り組むあなた方自身と同じような友人たちと過ごすことになります。

私立 寮制の高校(ボーディングスクール)

アメリカの中等教育において、トップレベルの教育を行っているのがボーディングスクールと呼ばれるこれら寮制の学校です。ボーディングスクールは生徒にしっかりと教育を施し、トップレベルの大学に進学させています。これらの学校では多くは共用の部屋のある学生寮に住んで教員が監督者となります。
ボーディングスクールの生活は極めてユニークです。留学生は学びと生活の環境にどっぷりつかることになるからです。ここで培われた友情は生涯続くものになるでしょう。 また先生との関係も特別です。先生方との生活の距離も非常に近く、それぞれの先生個人個人を知ることができる関係となるでしょう。多くの場合、家族同様に留学生と関わるような指導的存在となることでしょう。

私立 通学制の高校(デイスクール)

寮制の学校の中には、通学する生徒を受け入れる高校もあります。その他に通学制のみの私立高校もあり、どちらも入学者選抜はきびしく行われています。寮制の私立校同様、学習レベルは高いですが、寮制の学校との違いは、CIEEの選んだホストファミリーから通学する、ということです。
トップ校の多くは、高い学力レベルを持ち、少人数制、環境も整えられており、また課外活動も豊富に行われています。AP(Advanced Placement)や、IB(International Baccalaureate)のコースも受講できます。これらのトップ校の卒業生はトップの大学への高い進学率を誇っています。

公立高校

アメリカにおける公立のトップ校のうちのいくつかはCIEEのパートナースクールです。CIEEのプログラムでは、公立高校に通学するとしても多数のパートナースクールから留学生は自分の行きたい都市や州を選ぶことができますが、それは他の留学プログラムと異なる点です。

もし公立高校への留学を希望するのであれば、滞在期間は1年となることが多いでしょう。他に交換留学生がいる場合も多く、3年生(シニア)に入れば卒業証書を得ることも可能でしょう。

もしアメリカの典型的な高校生活を体験してみたいのであれば、まずは公立高校をチェックすることをお勧めします。公立高校に入ることで、一般的なアメリカ人高校生が体験するクラブ活動やスポーツ、課外活動を体験することができます。

 

一人ひとりを大切にするサポート

1947年の設立以来、CIEEは世界と若者の架け橋となってきました。その経験を通じ、プログラム期間中のサポートは生徒のみならず、ホストファミリー、受入校、そして地域社会にとって極めて重要であることを理解しています。それこそがCIEEがサポートに多くの努力を費やしている理由なのです。

  • プログラム期間中を通じて、留学生、受入校、ホストファミリーと連絡を取り合います。
  • 留学生が学校、家庭双方で良い状況にいることが、私たちCIEEの優先事項です。
  • 文化面での適応から学校の成績に関してまで、すべての点について留学生をサポートします。

CIEEアメリカ高校留学の留学生にとって日々の生活で重要な存在となるのが、CIEEのLocal Coordinator (LC/ローカルコーディネーター)です。ローカルコーディネーターは、留学生にとって重要な役割を担います。

  • 留学生とアメリカの生活を分かち合いたいと考えるホストファミリーとのマッチング
  • 留学生サポートの最初のコンタクト先
  • 留学生の滞在する地域での活動と留学生活を成功させるための努力

 

もし助けが必要になったら?

留学生にとって、困ったことや分からないこと、うまくいかないと感じたときは、通学制の学校・公立高校に通っている場合には、まずホストファミリーと話すことです。寮制の場合は、寮監の先生がいらっしゃいますからその先生に話してみてください。自分の気持ちを率直に話すことが重要です。
次のステップは、ローカルコーディネーターへの連絡です。例えば地域への貢献活動(コミュニティサービス)でどのようなものがあるか、どう友人作りをするかなどは、ローカルコーディネーターと話して、彼らのその地域での知識を活用してください。
もしホストファミリーやローカルコーディネーターと話しをしてもうまくいかなかった場合には、CIEE本部のサポートチーム:1-800-448-9944にかけてみてください(電話料金はかかりません)CIEE本部のオフィスアワーは、月曜から金曜までの朝9時から夜8時まで(東海岸標準時間)です。もし緊急の用件の場合は、同じくフリーダイヤル1-800-448-9944にかけて、指示に従って操作してください。24時間/無休でスタッフが応対します。

アメリカでの留学生活への適応

飛行機に乗って母国を遠く離れ、新しい、見慣れぬ土地でそれまで会ったことのない人たちと暮らすことは、とてもエキサイティングなことですが、暮らし始めた段階ではとても大変なことでもあります。ですが心配することはありません。直に生活になれ、楽しみを見出すことができるでしょう。
ここでは、新しい生活に適応するためのコツをいくつか紹介しましょう。

  • 留学生活を始めるにあたって
    • 留学先に到着したとき、部屋で自分だけで過ごしているほうが快適に感じるでしょう。もしくは母国の保護者や友人と話すことも。ご両親や友達を恋しく思うのは、それはある意味当然です。しかしホームシックを克服するもっとも良い方法はホストファミリーや受入校の友人たちと時間を過ごすことです。話をしたり、ゲームをしたり、テレビを見たり、あるいは一緒に食事の準備をする。自分が日々どう感じているかを積極的に話しましょう。あなたの周りの人たちは、あなたの気持ちを和らげてくれるでしょう。
      頻度として、1週間に一度くらいは母国の家族に連絡するのは構いません。それ以上頻繁に連絡をしていると適応に時間がかかったり、ホームシックが逆にひどくなったりすることが出てきます。

  • 気持ちのアップダウンが生じること
    • 留学するということは、突然、新しい、そして慣れない文化に身を置くということです。そのことで気持ちのアップダウンが生じることをカルチャーショックと呼びます。程度については個人で差があります。
      最初は、全てのことが新鮮で興奮することですが、少し経つとものの見え方や感じ方がまったく違ってしまいます。時として予想できないほどひどくなったりします。適応する過程においては、あなただけでなく、周りの人もフラストレーションを感じるかもしれません。誤解しないでほしいのですが、周りの人たちは、あなたにアメリカ人のティーンエイジャーになってほしいのではありません。
      環境に慣れ、カルチャーショックを克服するには、人によって数週間から数か月かかることがあります。環境に慣れていけば、あなたはそれまでよりもより自信を持ち、周りと良い関係が築けるでしょう。ホストファミリーも同様に感じることでしょう。慣れるためには、自分をオープンにして、自分が日々どう感じているかや何を体験したかを話していくことが重要です。オープンにコミュニケーションすればするだけ、適応は容易になっていきます。
      適応できて時間を過ごすならば、今度は母国に帰ることがつらくなるでしょう。逆カルチャーショックというものを経験することもあります。

  • ホストファミリーとの生活
    • 留学にあたって、もっとも大事なことの一つは、ホストファミリーとの生活です(通学制の私立、公立高校に通う方)CIEEアメリカ高校留学での重要なルールは、「ホストファミリーの家族の一員として生活し、ホストファミリー宅での規則を守り習慣を尊重し、家族としての責任を果たす」ということです。
      皆さんの母国の保護者がそうであるように、アメリカのホストファミリーも皆さんに対して未成年者として適切な行動をとることを期待しています。ホストファミリーは皆さんが家庭に着いた日にそのことを説明するでしょう。もし分からなかったりしたら必ず質問しましょう!
      留学生にとってホストファミリーの規則に従うことは重要です。ホストファミリーは皆さんを自分の子ども同様に接します。同様に皆さんもホストファミリーに対して、家族のルールを守り、敬意をもって接する必要があるのです。
      あなたのホストペアレンツは時として過保護気味に接するかもしれません。アメリカの文化の一部として、子どもを害悪から守ることの意識はとても強いことがありますが、それは留学生の皆さんを注意深く見守っているということなのです。各家庭には規則や門限があり、ホストペアレンツは留学生がどこに誰といて、何をしているかを知っておきたいと思っています。それらのことを守り、自分の情報を伝えて彼らを安心させてあげましょう。家族の一員として必要な連絡を取り合っていってください。

  • スマートフォン・パソコンなどの電子機器:スイッチオフするべき時にはスイッチオフ
    • 留学という素晴らしい体験をしているのですから、思い切り楽しみましょう!スマートフォンやパソコンを使って、自分の体験を記録し、友達や家族とシェアしてみましょう。テクノロジーを最大限に活用しましょう。CIEEでは、素敵な賞品がもらえる写真やビデオのコンテストも開催しています。
      ただし、こういったテクノロジーは周りの人々との交流を断ち切ることもあります。自分の目を開き、耳を澄まして、「現実世界」での体験を楽しみましょう。ネットサーフィンやテレビゲームだけで遊ぶより、いろいろな活動に参加したり、ホストファミリーと時間を過ごすようにしましょう。
      学校の課題以外で電子機器を使うのは、1日1時間以下にすることをお勧めします。ベッドルームにはパソコンや携帯電話を持ち込まないほうがいいでしょう。こういったこともホストファミリーとの距離を作りかねません。少なくとも、寝る時には電子機器を持ち込まず、ゆっくり休むようにしましょう。
      電子機器のスマートで安全で適切な使い方については、Technology and How You Communicate (PDF) をダウンロードしてください。

  • 受入先高校での生活
    • どの学校にも独自の成績に関する規則があります。成績に関する規則がどういったものか、その基準を満たさなかった場合に起こりうる結果について知ることは大切です。及第点を取れなければ、仮進級や退学処分になることもあります。
      問題がある場合は、今すぐにホストファミリーやローカルコーディネーターに相談しましょう。また学校のガイダンスカウンセラーや先生とも相談してください。成績を伸ばすためにチューターに勉強を見てもらうこともできます。
      英語力を伸ばすために多くの時間を費やすことになるでしょう。英語力をアップするためのヒントをいくつかご紹介します。

      • いつでもポケット辞書を持ち歩くようにしましょう。知らない単語があれば調べましょう。辞書を持ち歩くのが嫌な場合は、携帯電話用の無料の辞書アプリをダウンロードしたり、dictionary.comで調べたりしてもよいでしょう。
      • 新しい単語を耳にした場合は、書き留めておきましょう。そして時間のある時に意味を調べましょう。新しい単語を後で調べることは、その単語を覚えるのに役立ちます。
      • YesやNoだけで質問に答えるのをやめましょう。より多く話せば、より多く練習することができるのですから。
      • 分からなかったときは、臆せずに質問してみましょう。
      • ユーモアのセンスを持ちましょう。間違っても大丈夫。皆あなたが学ぶのを助けてくれますよ!
      • テレビを見て、話していることをリピートしてみましょう。発音の良い練習になります。
      • 授業を録音してみましょう。家でもう一度授業を聞くことができれば、分からない部分を誰かに聞くことができます。
      • 友達と話したり、クラブに参加したりすることも、英語の勉強になります。

      下記は学校での宿題や課題に取り組む際のアドバイスです。ホストファミリーやクラスメイトも何かいいアイデアを持っているかもしれません。

      • どの授業にも宿題ノートを持っていきましょう。出された宿題を書きとめ、先生に見せて書き忘れているものはないか確認しましょう。
      • 家のカレンダーに宿題を記入し、テストやプロジェクトの予定を前もって立てましょう。
      • 毎晩勉強する時間を決めましょう。少なくとも1時間は勉強しましょう。宿題がない場合は、授業中にとったノートやテキストを復習しましょう。
      • すべての宿題は予定通りに終わらせましょう。
      • ホストペアレンツ、クラスメイト、先生、みんなが助けてくれます。ためらわずに助けを求めましょう。
      • クラスメイトと一緒に勉強したり、勉強のグループに参加してみましょう。
      • 授業中にノートを取りましょう。分からないことがあれば、家に帰ってから調べましょう。
      • 勉強と自分の好きなアクティビティをバランス良く行いましょう。宿題を一休みし、散歩に行ったり、少しの間ホストファミリーと何かリラックスできることをしてみましょう。頭もスッキリするでしょう。
      • 十分な睡眠を取りましょう。外国語を話すということは疲れることなのです。

楽しむ時間・豊かな経験をする時間も忘れずに

文化交流とは友達を作ることです。そのベストな方法は色々なことに参加すること!学校やコミュニティのアクティビティ、スポーツやボランティア活動に参加してみましょう。少なくとも1つはスポーツや放課後のアクティビティに参加して、アメリカで「プロム」と呼ばれる春のソーシャルイベントなどに参加してみましょう。コミュニティの奉仕事業に参加するのも良いでしょう。誇りに思えるような経験をする良い方法です。良いプロジェクトに必要なことは?何か興味のあることでコミュニティを改善できることを考えてみましょう。いくつかのアイデアをご紹介します。

政府や省庁に関係すること

地域の政府関係オフィス、機関、市役所、政府本部でのボランティアでは、アメリカという国がどのように運営されているのかを知り、アメリカ政治について学ぶことができます。詳細情報については、地元の議員に問い合わせるか、 www.firstgov.govをチェックしてください。

環境保護に関すること

環境保護、リサイクル、地元の清掃活動、土壌浄化、大気浄化、野生動物保護などの環境保護運動を行っている団体に参加したり、または自分で団体を作ってみることもできます。

地域コミュニティに関わること

あなたの得意なことは何ですか?何をするのが好きですか?それを皆とシェアしましょう!

  • 料理が好きなら、地域の無料食堂で自分の国の名物料理を提供できないか聞いてみましょう。
  • サッカーが好きなら、地元の子供のためのサッカー教室をオーガナイズしてみましょう。
  • 自分の国の言葉を教えたり、出身国について紹介してみましょう。
  • 識字プログラムを通して読むことを学ぶ手助けをしてみましょう(同時に自分の英語の勉強にもなりますね)。
  • 地域の老人ホームのボランティアで、高齢者の買い物のサポートをしたり、一緒にゲームをして遊びましょう。

ホストファミリーやローカルコーディネーターがこのようなアクティビティを始めるお手伝いをします。

 

留学生の守るべき規則について

これまでに何万人もの若者がCIEEの留学プログラムを通して価値ある体験をしてきました。皆さんにもぜひ同じ体験をお約束したいと思っています。そのために、CIEE高校留学に参加する学生はプログラムの規則に従ってください。オリエンテーションの際にも規則をお渡しますが、CIEEアメリカ高校留学についての規則は下記に記載している内容です。
留学開始後、規則に関して質問があれば、ローカルコーディネーターに確認してください。

  • 学業成績
    • CIEE アメリカ高校留学プログラムは、すばらしい文化交流の機会です。同時に、あなたは正規の留学生として、良い成績をおさめるための全てのことを行わなくてはなりません。すべてのプログラム参加者には以下のことが期待されます。

      • 品行、不良行為、成績水準、修了式への参加、修了書の発行などの関連項目を含む受入校のガイドラインやポリシーを必ず守ること
      • あなたの受入校で定められた成績水準を保つこと
  • 旅行
    • いろいろな場所を見て回ることはCIEE アメリカ高校留学プログラムの最も刺激的な部分の1つです。学校の遠足、CIEE企画の小旅行、またはホストファミリーとともに旅行をする機会があるかもしれません。あなたの受入校やCIEEのローカルコーディネーターが企画する旅行に参加するには特別なルールは設けていません。しかしこれ以外の旅行にはCIEE及び必要な受入校からの事前承認が必要です。これらに該当する旅行は以下を含みます。

      • アメリカ外に出るすべての旅行
      • 航空機による旅行
      • 授業の欠席を伴う旅行
      • ホストファミリー内の成人者が同行しない旅行、またはあなたのホスト校や現地コーディネーターが企画したものでは無い個人旅行

      どの旅行が個人旅行となるのか、自分で判断が難しい場合は、あなたの旅行が個人旅行とみなされるかローカルコーディネーターに尋ねてください。例としては以下のものを含みます。

      • 教会の青年グループによるボランティア旅行
      • あなたの親戚やホストファミリーの親戚を訪ねるための旅行
      • 現地に訪ねてきたあなたの家族に会いに行くための旅行
      • 友達や近隣家族と行く旅行

      個人旅行の申請はすべてCIEE本部により審査・承認されなくてはなりません。申請は以下の事項を満たす必要があります。

      • 旅行の28日前までに申請書(CIEE travel form)に必要事項を記載しCIEEに提出しなければなりません。
      • 申請内容をあなたのホストファミリーとローカルコーディネーターが承認しなくてはなりません。
      • 学校の成績が良好でなければなりません。(警告や成績不良通知を受けている場合は申請が却下されることがあります)
      • 旅行には成人が同伴していなくてはなりません。
      • CIEEはあなたの家族から免責同意書を受け取らなくてはなりません。
  • あなたの家族の訪問
    • あなたがホストファミリー、学校そして地域社会と深くかかわることを促すため、CIEEではあなたの家族や友達の訪問に関する厳格なガイドラインを設けています。私たちは、あなたがあなたのアメリカにおける時間と真に向き合うことで文化交流がより価値のあるものになると確信しています。

      • あなたの家族の訪問はすべて渡米前にCIEEによって承認されなくてはなりません。
      • 学生は、国内・海外移動や旅行により学校の欠席が生じるかを、申請書(CIEE travel form)でローカルコーディネーターに通知しなくてはなりません。
      • 学生は、旅行に関する学校の規定に従わなくてはなりません。
  • 飲酒
    • ワインやビールといったアルコール飲料を飲むことになった場合、10代の若者は、周りの生徒が飲んでいたりすることや、飲んでみたらという誘いに出会うことがあるでしょう。そのような状況があり得ることはCIEEも理解しています。しかし飲酒が行われている状況にいるとわかれば、留学継続を許可するかどうかという判断をしなければならなくなります。
      アメリカにおいて未成年の飲酒は深刻な犯罪であり、CIEEの方針も明白です。合衆国における連邦法、州法、地域条例を守らなくてはなりません。これら法の下では、全ての州において、21歳以下の者がアルコール飲料を消費すること、不法ドラッグを使用・所持することは違法と定められています。また、これらの法には地域における夜間外出制限が含まれることがあります。
      飲酒が行われる状況を避けることが最善の方法です。誘われたパーティーから抜け出したり、友達の家から自分だけ去る必要があるかもしれません。ですが留学生としては、自分がアルコール飲料が飲めることを見せたり、飲むことに慣れようとする必要は全くありません。
      あなたは何処にいるのか、いつ出かけるのか、他の人の家にいるとき大人の監視はあるのかをホストファミリーが確実に知っているようにしてください。
      質問や心配事があればホストファミリー、ローカルコーディネーター、またはCIEEオフィスに相談してください。
      代わりになる活動の提案や、他の方法で支援をしたいと思います。

  • 車の運転
    • アメリカは車社会です。アメリカで暮らしていると、車の運転に心をそそられるかもしれません。アメリカにおいて運転が合法となる年齢は16歳です。あなたのアメリカ人の友達は免許をもち車を所有しているかもしれません。あるいはあなたは自国の運転免許を既に持っているかもしれません。例えそのような場合であっても、あなたは、プログラムのガイドラインに従う必要があります。

      • モーターが付随するいかなる乗り物の購入・運転は禁止されています。これには、自動車、ボート、オートバイ、原付バイク、全地形対応車(四輪バギーなど)が含まれます。
      • 運転は、公式の自動車教習課程の教官が同伴の下、教習時間内のみ許可されます。これは、もっぱら運転免許取得を目的としたものであり、免許取得後に運転を許可するものでありません。
  • CIEEアメリカ高校留学 公式ルール
    • CIEEアメリカ高校留学 公式ルールのPDFはこちら

      • F-1ビサプログラムの規定に従うこと。
      • 合衆国の連邦法、州法、滞在地の地域条例を守ること。これらの法では、21歳以下のいかなる者の飲酒、そして不法ドラッグの使用・所持が禁止されています。また、これらの法には地域における夜間外出制限が含まれることがあります。これらの法に注意しましょう。そして、これらは自国の法律とは異なるものであり、違反は深刻な罰につながるかもしれないことを心にとめておきましょう。
      • CIEEやあなたの学校による到着オリエンテーションに参加すること。
      • 割り当てられた家族の人種、信条、肌の色を受け入れること。ホストファミリー、彼らの規則や習慣を尊重し、あなたに与えられた責任を受け入れ、ホストファミリーの一員として生活すること。CIEEはその裁量により、留学生のホストファミリープレースメントに責任を負っています。
      • プログラムの実施場所の申込や了承の際には、自身の健康と安全確保を十分に考慮すること。もし健康面やその他のリスクが生じる状況に悩まされるのであれば、応募は控えてください。
      • あなたのホストタウン(滞在地)に関する安全、健康、法律、環境、行政、文化、宗教について可能な限りの情報を読み、これらすべてのことについて十分に考慮すること。現地の環境の中には、日常生活における判断や決定が健康面や安全面にリスクをもたらす可能性があるということを認識してください。
      • あなたの受入高校の規則やポリシーを順守すること。これには、品行、不良行為、成績水準、修了式への参加、修了書の発行などを含みます。
      • CIEE Travel Formをあなたのローカルコーディネーターに提出し、国内移動か海外移動について、それが学校の欠席を伴うものかを知らせること。あなたの家族の訪問は、いかなる場合であっても、渡米前のCIEE本部の承認が必要です。留学生は旅行に関するすべての学校規則を順守しなければなりません。
      • モーター駆動の乗り物の運転・購入はしないこと(自動車、オートバイ、ボート、全地形対応車などの運転免許が必要な乗り物)。運転は、公式の自動車教習課程の教官が同伴の下、教習時間のみ許可されます。これは、もっぱら運転免許取得を目的としたものであり、免許取得後に運転を許可するものでありません。
      • 個人的費用として毎月最低150~250ドルを用意すること。あなたのホストファミリーからお金を借りてはいけません。ホストファミリーにお金を貸してもいけません。
      • ホストファミリーや地域で定められた喫煙禁止に関するあらゆる規則に従うこと。プログラム申込の際に「喫煙しない」とした留学生はプログラム中、年間を通して喫煙してはいけません。いくつかの州、地域、学校では、特定の年齢以下の学生の喫煙やタバコ関連品の所持が法に反するとみなされます。
      • 学校の最終日(プログラムが終了する日)から2週間以内に帰国する手配を整えること。
      • 学校外での活動や運動競技への参加は保証されたものではありません。F-1ビザで渡米した留学生は、留学期間中に労働することは、フルタイム・パートタイムの雇用形態に関わらず許可されません。しかしながら、ベビーシッターや庭仕事などの散発的もしくは非継続的な仕事を行うことは受け入れられる場合があります。
      • 留学生は、生命にかかわる健康状態もしくは激しい精神衰弱に陥った場合、プログラムから退去させられる可能性があります。
      • プログラム中は、節度を欠く行為、みだらな行為、暴力的な行為、風紀を乱す行為は許されません。留学生はいかなる形であっても、セクシャルハラスメントを犯したり自己を危機にさらす行為に興じたりしてはなりません。更に、留学生はアメリカ国務省やCIEEの評価や信用を失墜させる如何なる行為もしてはなりません。
      • プログラムの規律を乱すような内容を留学生がインターネット上で発信(ソーシャルネットワークサイトやブログなど)した場合、プログラムからの退去を命じられる根拠となります。
      • CIEE本部は、上記規則を守らない留学生に退去を命じる権限を有します。留学生がプログラムからの退去を命じられた場合は、親または保護者が通常のプログラム費用に加えて、退去にあたって生じたすべての費用について責任を負わなければなりません。早期の退去の場合プログラムに関して払い込まれた費用の払い戻しはされません。
      • CIEEは、学生の親代わりとしての立場 (親権者としての立場)は取りません。プログラム中であっても留学生の両親または保護者がその権限と義務を有し、電話や電子的手段による定期的かつ頻繁(月に1,2回)な連絡を取ること、または面会すること(可能であればプログラム開始の5ヵ月後)が期待されています。
      • 留学生は、次年度の入学に関して、その学校に直接の申込手続きを行わないことに同意する必要があります。同様に、ホストファミリーに直接受入を依頼することも避けてください。

留学時のお金の管理と保険に関して

  • お金の管理について
    • 友人と食事をしたり、映画やテーマパークに行ったり、買い物をしたり。出かけたり遊びに行ったりするにはお金がかかります。ホストファミリーは基本的な生活に関しては負担しますが(食事や生活のための出費、例えば電気代など)、留学生の個人的な出費については、各自が支払う必要があります。少なくとも月に125ドルから250ドルは個人の費用として用意してください。この金額は一見多いように思えますが、賢くやりくりしないとお金はすぐに無くなってしまいます。ホストファミリーから無駄遣いしないようにアドバイスされた場合には、尊重して聞きましょう。

  • 保険について
    • アメリカの医療制度は非常に複雑です。アメリカでは、ほとんどの人が個人の健康保険に加入しています。医者に診てもらう際は、保険証の提示を求められます。「copay」と呼ばれる少額の自己負担金を払う場合もありますが、それ以外の治療費は保険で補償されます。ホストファミリーがサポートします。
      CIEEアメリカ高校留学の参加者は、CIEE本部が用意した保険プランに加入しています。補償が十分でないと判断する場合は、ご自身の保険に加入することもできます。どちらの場合でも、渡航前に渡された保険に関する資料があります。留学を開始する際に、ホストファミリーと一緒に確認してください。
      これらの保険証と学生証は常時携帯してください。いつ必要になるか分かりません。また緊急時に備えて、ホストファミリーにも保険番号と連絡先を知らせておくと良いでしょう。
      もし医療的な配慮が必要、かつ何らかのホストファミリーのサポートが得られない場合は、ローカルコーディネーターまたはCIEE本部に連絡してください。生命に危険が及ぶ緊急時は911(緊急の医療用電話、日本の119にあたります)に電話してください。
      医療に関する問題であなた、またはホストファミリーがCIEEに至急連絡する必要がある場合は、下記に連絡してください。
      Tel.1-888-268-6245
      E-mail.insurance@ciee.org