THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

CIEEの海外研修

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米国企業研修

Internship USA /Professional Career Training in USA
J1ビザ付属書類(DS-2019)申請受付

内容・参加費用

米国企業研修とは

学生や社会人が自分の専攻と将来のキャリアに関連した分野で、期間を限定して米国内企業や団体で就業体験をするプログラムです。アメリカでは、早くから海外の学生や社会人を対象とした研修制度が整えられており、このプログラムに参加する学生/社会人には、実習または研修的な就業体験のみならず、企業/団体との技術、知識、アイデアなどの「交流」を求められます。

参加者が専門分野、キャリアについて学ぶだけでなく、参加者個人が研修先企業/団体に貢献することを期待されるとてもやりがいのあるプログラムです。このプログラムに参加するためには、J-1ビザ(交流を目的としたビザ)の取得が必要です。

J-1ビザとは

J-1ビザは、アメリカでの交流(Exchange)を主な目的とした「交流訪問者ビザ」のことを言います。 米国企業/団体で実践的な就業体験をすると共に、その分野での技術や知識などの「交流」を目的としている米国企業研修プログラムでは、このビザのなかのインターンまたはトレイニーというカテゴリーのビザでアメリカに滞在します。

このJ-1ビザの取得には、企業/団体とプログラム参加者が、米国国務省から認可されたNPO団体により承認を受ける必要があります。CIEEアメリカ本部は、米国国務省よりその審査を委任され、「DS-2019」(参加者と企業/団体が承認を受けたことを証明する書類)を発行することが出来る、数少ない団体の一つです。

CIEE日本代表部では、日本からこのプログラムに参加しJ-1ビザでの渡米を希望される方のDS-2019申請受付を行っています。

※J-1ビザ取得者の家族が同行する場合、ご家族はJ-2ビザを取得する必要があります。 申請に必要な書類、条件、料金など、J-1ビザ取得と異なりますので、詳しくはお問合せください。

プログラム内容・参加資格

CIEEでは、学生または卒業後1年未満の方が対象のInternship USAと社会人の方が対象のProfessional Career Training USAという2つのプログラムを提供しています。

Intern・Trainee両方に共通する参加資格

  • 研修の目的が、就業体験を通じてアメリカ文化をよりよく理解することであること

  • 研修終了後に日本へ帰国する意思を持っていること

    *そのまま労働ビザに切り替えることはできません
  • 研修受入先企業/団体がすでに決定していること

    *CIEEでは受入先の紹介は行っていません
  • アメリカでの研修や生活において不自由しない程度の英語力を有すること

    *英語力の目安: TOEFL PBT 500点以上、 TOEFL iBT 61点以上、 TOEICテスト 730点以上
    *英語を学ぶことを目的とした研修は認められません
  • ご参加予定の研修の内容が米国政府およびCIEEが定める条件を満たしていること

    *詳しくは、下記「研修内容に関する条件」および「研修先企業/団体に関する条件」をご確認ください。
  • 参加条件書およびTerms and Conditionsを読み、ご同意いただけること

Intern  (Internship USA *以下Internship)・・・大学・専門学校・大学院に在学中または卒業後1年未満の方

  • 18歳以上
  • 文部科学省が認可する全日制の専門学校、短期大学、大学、大学院に在学中または卒業後12か月以内で、専攻している(または修了した)専門分野に関連した研修に参加される方
  • 専門学校生(卒業生)の場合は、履修の内容が主に学術的であること。(技術的または職業訓練的な内容のコースが多い場合は参加が認められない可能性があります。)
  • 最低1年以上学科を専攻し、その証明書を 提出できること (英文の成績証明書や英文卒業証書等)
  • 以前に米国内でインターンの経験のある場合は、研修内容が前回のものと重複、類似していないこと

Trainee (Professional Career Training USA *以下PCT)・・・フルタイムで1年以上のご職歴がある社会人の方

  • 20歳以上
  • 高校卒業資格があり、以下の(a)または(b)に該当する方
    (a) 米国外の短期大学、大学、大学院の学位または修了証証明書で、専攻していた専門分野に関連する実務経験を米国外で1年以上お持ちで、かつその職歴に関連した研修に参加する方
    または
    (b)今回参加希望の研修に関連する学位や終了証明書をお持ちではない場合は、その分野の実務経験が5年以上の方
  • 以前にTraineeとして研修を受けた経験のある場合は、研修内容が前回のものと重複、類似していないこと
  • 原則として 前回の研修終了日から日本にて2年以上経過していること(例外あり)

研修について

参加者が上記の参加資格を満たしていることに加え、研修の内容、研修の受入先企業/団体についての基準を満たしている必要があります。審査の結果、下記の条件を満たしていないとみなされた場合は、申請は承認されません。

研修内容に関する条件

  • 米国政府またはCIEEの規定により禁止されている職種/業界ではないこと
    <2016年9月時点で禁止されている主な職種/業界例>  随時変更されるため、以下に限りません
    ・家事の手伝いに類する仕事 (Au Pair, Mother's Helper, Nanny, Babysitter, Servant, Maid)
    ・ファストフード店や3つ星以下のホテルでの仕事(Fast food chains/franchises, economy hotel properties)
    ・獣医 (Veterinary trainees)
    ・キャンプカウンセラー(Camp Counselors)
    ・福祉関連の仕事(Childcare, elder care)
    ・人材派遣企業から紹介された仕事(any positions offered by temporary work agencies)
    ・船舶・飛行機の乗組員 (Crew Member, Pilot)
    ・空港での仕事(Airport personnel)
    ・美容業界の仕事(any service at spa and salon)
    ・ブライダル業界の仕事(Wedding planner, bridal industry)
    ・カジノでの仕事 (Casino trainees)
    ・芸術関係の仕事(Actors, Artists, Dancers)
    ・大使館、領事館での仕事 (any service at embassies or consulates)
    ・ジム、トレーニング施設での仕事(any service at gym or workout/equipment floor)
    ・建設業(construction or building trades)
     *建築作業や作業員の管理実務を伴わないマネジメント、調査等は内容により可能です
    ・教師 (Teacher )
     *教授法やクラス運営を学ぶことを目的とするオブザーブ、参加者が自ら授業を行うことのない、教師のアシスタントは可能です
    ・医療関連の仕事 (Medical Intern, Therapist, Counselor)
     *医療関係の研修は、研究・オブザーブに特化したものであれば可能です
    ・一店舗のみの小売業 (Single-location retail shops, Shop clerks)
     *複数店舗を持つ小売業での研修は、本社でのマネジメントに特化したものに限られます
     * 上記の場合、研修の一部として店舗での実習を行うことは可能ですが、実習期間は全体の20%以下である必要があります
  • 研修は、責任者の指導の下原則として英語で行われ、研修先での主な使用言語は英語であること
    (日本語または他の言語を使った業務が研修に含まれる場合は、全体の8割以上が英語での業務であることが求められます)
  • スキルを必要としない業務(データ入力、ファイリング、コピー、給仕、掃除、品出し、レジなどのルーティンワーク等)が、研修内容の全体の20%を超えないこと
  • 研修は日中に行われ、研修時間は週に32時間以上あること(夜勤は不可)
  • 研修中は、常に責任者(Supervisor)の監督と指導の下で業務を行うこと。(参加者が単独で業務やリサーチを行うことはできません。

研修先企業/団体(host company/organization)に関する条件

  • 参加者を労働力(labor)ではなく研修生(trainee)として受け入れること
  • 参加者がアメリカのビジネス文化を学ぶことができる環境があること (日本人を対象としたビジネスやオフィスの主な使用言語が日本語の環境は不可)
  • 主な使用言語が英語であること
  • 研修に関連する業務について十分な知識・経験を持つフルタイムのスタッフを指導責任者(Supervisor)に据え、指導責任者は主に次の役割を果たすこと
    ・CIEEからの審査や連絡を受ける窓口となること
    ・研修期間中、常に参加者の指導にあたり、定期的に参加者の評価を行うこと
  • 研修が行われる部署に占めるJ-1研修生(参加者を含む)の割合は、スタッフの人数に対し20%を超えないこと
  • 参加者の専用のワークスペースを設けること(PCやデスクなど)
  • 州法で免除されている場合を除き、Worker’s compensation(労災)で参加者をカバーすること

    *給与の形態等で難しい場合は、別途、Liability Insurance(賠償責任保険)に加入して頂き、CIEEの用意したレターに署名をしていただく必要があります。詳しくはお問い合わせくださいませ。

条件を満たしていることを確認するために、研修先企業/団体に対しての審査があります。
審査は、電話やメール、また直接訪問する視察(Site Visit)の方法で行いますが、研修受入先企業/団体が下記条件のいずれかに該当する場合、視察が免除となります。
1.The Host Company has more than 25 full-time employees and generates more than $3,000,000 in annual revenue;  
2.The Host Company has previously hosted a J-1 intern or trainee through CIEE within the last 3 years.

いずれの条件にも当てはまらない場合、またはCIEEにて必要と判断した場合は、担当者による視察を行います。
視察を行った場合は、費用の一部としてUS215ドルをご負担いただきます。

期間

Intern  (Internship)  3か月~12か月
Trainee (PCT) 3か月~18か月

※農業、ホスピタリティ、観光業界、レストランでのご研修は、マネジメントのポジションでの研修の場合を除き、Trainee(PCT)でも最長12か月までとなります。
※3か月未満の研修であっても認められる場合がありますので、詳細はお問い合わせください。
※上記は実際の研修期間です。 米国には最長で研修開始日の30日前から、研修終了日の30日後まで滞在することができます。

なお、参加費用は滞在期間(入国予定日~帰国予定日としてご申請された日付)で計算されますので、ご注意ください。

プログラムの月数のカウントは、プログラム開始日(入国予定日)を基準として、翌月の同じ日付から1か月ごとにカウントされます。
(例)2016年1月10日~2016年3月9日  → 2か月
   2016年1月10日~2016年3月10日 → 3か月

申込締切 (Internship, PCT共通) 

出発予定日の2か月前までに「申込から出発まで」のページのSETP4までをすべて完了させてください

<締切までに実施いただく内容(概要)>

実施いただく手続き 実施のタイミング・締切

1.研修先の決定

オンライン申込みまで

2.オンライン申込み

出発予定日の3か月前まで

3.必要書類の準備・送付など
以下を順不同で進められるものから進めてください。
・研修先によるオンラインでのDS-7002(研修プラン)の入力とサイン、 及び参加者による内容の確認とサイン
・申請書類の作成、他必要書類の準備
・上記書類一式の郵送(締切までにCIEEに必着)
・申込金の入金

出発予定日の2か月前まで

※ 申請に必要な手続きの詳細は「申込から出発まで」のページをご参照ください

参加費用

2017年プログラム料金 

滞在期間(か月)* Intern PCT
1~3
¥161,000
¥191,000
4
¥171,000
¥202,000
5
¥182,000
¥212,000
6
¥193,000
¥227,000
7
¥204,000
¥237,000
8
¥215,000
¥248,000
9
¥225,000
¥259,000
10
¥236,000
¥269,000
11
¥247,000
¥281,000
12
¥257,000
¥293,000
13
¥269,000
¥304,000
14
¥279,000
¥314,000
15
¥325,000
16
¥337,000
17
¥347,000
18
¥361,000
19
¥371,000
20
¥382,000

2017年1月1日~2017年12月31日のご研修開始分に適用

*米国には、研修期間に加え、研修開始日の30日前から、また研修終了日の30日後まで滞在することができ、参加費用は滞在期間に基づき計算されます

*プログラムの月数のカウントは、プログラム開始日(入国予定日)を基準として、翌月の同じ日付から1か月ごとにカウントされます。
(例)2016年1月10日~2016年3月9日  → 2か月
   2016年1月10日~2016年3月10日 → 3か月

*為替レートの大幅な変動等によりプログラム料金が変更になる場合があります

その他の料金に関しては、下記のリンクをご覧ください。

J2の料金表はこちら

再発行および取消の料金表はこちら

ご出発後の延長の料金表はこちら

プログラム料金に含まれるもの プログラム料金に含まれないもの
  • ビザ発給申請書類(DS-2019)発行に関わる諸経費
  • プログラム実施期間中のCIEEアメリカ本部バックアップ・サービス費用
  • 米国での滞在期間中の医療保険料
    →現地到着日から現地出発日までのみをカバーしたものです。日本のご自宅を出てから現地に到着するまで、ならびに現地を出発してから日本にご帰国するまでの間は期間に含まれません。
  • 出発前オンラインオリエンテーション費用
  • 書類発送費、事務諸経費
  • 日本のご自宅と現地間、および現地での交通費
  • 現地での生活費
    →地域と滞在先の種類にもよりますが、目安としてUS 1,000 ~ 2,000ドル / 月必要です。
  • J-1,J-2ビザ の申請費用
    →ご自身でアメリカ大使館に直接お支払いいただく必要があります。
  • 海外旅行保険
    →日本出発日~帰国日をカバーする海外旅行保険への加入をお勧めします。
  • SEVIS Fee US 180ドル
    →アメリカ政府が導入している”Student and Exchange Visitor Information System"という情報登録システムです。 J-1ビザ保持者はアメリカ滞在中の所在地その他の情報を、 登録することが義務づけられています。DS-2019発行の際にCIEEにて立て替えていますので、CIEE日本代表部規定レートにて日本円に換算したものを参加費用と一緒にお支払いをお願いしています。
  • Site Visit Fee (視察費用) US 215ドル
    (実施した場合のみ)

*プログラム料金に含まれるものの一部をお客様のご都合により利用されなくても払戻しはいたしません