THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

CIEEの海外ボランティア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英国ウェールズ エコ・ボランティア&地域サポート

CIEEと英国のボランティア団体UNA Exchangeによる春休み特別企画
2017年2月17日~2月27日(11日間)期間限定募集!先着10名まで

 

ウェールズの首都カーディフにある国立大学(カーディフ大学)敷地内にある庭園(ピースガーデン)でのエコボランティアと、周辺地域の地域サポート活動を行うプログラムです。他の日本人ボランティアとの共同生活なので、ヨーロッパ各国で開催されている他の国際ボランティアとは異なり、一人で英語環境に飛び込むのが不安な方でも安心して生活できます。カーディフ中心部でシティライフや観光も楽しみながら、特別な春休みを過ごしてみませんか?

 


活動地カーディフの街並み Cardiff The City(カーディフ大学作成動画/(英語・5分40秒))

英国ウェールズってどんなところ?

  • 場所

英国(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)を構成する4つの国(イングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズ)の1つで、グレートブリテン島の南西に位置します。地理的にはイングランドに近いものの、その歴史的背景から、言語、文化、そこに暮らす人々の雰囲気はイングランドと大きく異なります。羊の数が多い事でも有名で、ウェールズの総人口の4倍(約1,100万頭)が生息していると言われています。

ウェールズの人口は約290万人。英国全体の5%程度です。首都カーディフは約30万人が暮らしています。 全体的に、率直で話好きな人が多いようです。


食べ物・飲み物

子羊肉やチーズ、ビール(Brains)が有名です。インド料理や中華料理なども楽しめます。

おススメスポット

ウェールズの首都カーディフは世界的にラグビーで有名な街なので、スポーツが好きで前後に旅行をする人には「国立競技場(Principality Stadium)」がおススメです。また、ユニークなお城が多いことも特徴です。

気候

1年を通して良く雨が降るので、雨対策はしっかりしておいた方が良いでしょう。カーディフ市内の2月の平均気温は、最高7~8℃, 最低2~3℃程度です。天気の予測が難しく、1日の間に晴れと雨(雪)を両方体験できる場合があります。

言語やアイデンティティ

 

日本では、ウェールズもイングランドも同じ「イギリス」という感覚を持つ人が多いと思いますが、その歴史、政治的背景から、ウェールズ人は自分たちの国のことをとても誇りに思っており、愛情を捧げています。

ウェールズ中心部のカーディフにはイングランド出身の方が多く住んでおり、彼らはブリティッシュイングリッシュを話しますが、西ウェールズ地域には日常的にウェールズ語を使い、あまり英語を使わない人たちもいるようです。ウェールズ人の中には、例えば日本人に自分がイングランド人と同じだと思われたら、感情表現をしなくても、イライラする人が多いようです。ウェールズとイングランドが異なることは、しっかりと覚えておきましょう。

 

内容・参加費用へ

1/4