THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

海外体験プログラム

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Summer Work & Travel USA

学生限定J-1ビザプログラム!
夏休みはアメリカでアルバイト!!

よくある質問

プログラムについて

Q.J-1 ビザについて教えてください

J-1 ビザは、交流訪問者用のビザです。本プログラムは、米国政府より交流プログラムとして認定されており、参加者は J-1 ビザを取得し、合法的に米国でアルバイトをすることができます。また、アルバイト後、30日間を上限に米国内を旅行することも可能です。受け入れ先が(アルバイト先)が決まった方には、 CIEE よりビザ発給用書類( DS-2019 )を発行いたしますので、ご自身で、アメリカ大使館にビザの申請手続きを行ってください(CIEEではビザ申請に関するお手伝いをすることはできません)。

Q.DS-2019 とは何ですか?

DS-2019 はJ-1ビザの申請者が米国政府に承認されている交流プログラムへの参加者であることを証明する公的な書類です。 DS-2019 がなければ J-1 ビザを申請することはできません。 CIEE は本プログラムのスポンサーとして DS-2019 を参加者に発行します。 DS-2019 は、ビザ申請後もパスポートとともに保管することが義務づけられており、両者が揃ってはじめて参加者は合法的に米国内でプログラムに参加することができます。

Q.英語力はどの程度必要ですか?

アルバイトの内容によって求められる英語力は異なりますが、最低でも中級以上の英語力が必要です(目安:TOEFL iBTテスト61点以上/ITPテスト500点以上、TOEICテスト730点以上)。接客など人との関わりが多い仕事の場合は上級以上の英語力が必要とされ、中級程度の英語力の場合は、清掃や洗濯など個人での作業が多い仕事となります。また、CIEEから配布する申込書類や資料の一部は英語のみの表記となりますので、書類の読解・作成という観点でも中級以上の英語力が求められます。

Q.どのような仕事がありますか?

Summer Work & Travelで経験できる仕事は、特別なスキルを必要としない業務に限られており、

清掃員、販売補助員、ウェイター/ウェイトレスなどの仕事があります。各年の求人情報は、内容・費用のページをご確認ください。
Q.滞在先は自分で手配する必要がありますか?

CIEEでは、プログラム参加者用の滞在施設を用意している受入れ先のみ紹介しておりますので、ご自身で滞在先を手配する必要はありません。多くの場合、滞在費は有料で、給与から天引きされます。滞在に関する具体的な情報は、オンライン登録後にお送りする各受入れ先に関する詳細情報(英語の資料)をご確認ください。参加者の安全のため、また滞在を通して参加者同士の交流を深めるため、受入れ先が用意する施設を利用せずご自身で手配する滞在先に滞在することはできません。

Q.短期間の参加は可能ですか?

6週間以上の参加が原則です。日本のアルバイト同様、雇い主としては、なるべく長期間働ける方の方が好ましいため、短期間しか参加できない場合は採用される可能性は低くなります。ヨーロッパからの学生の多くは3か月程度参加しますので、なるべく長く参加できるほうが望ましいでしょう。

Q.参加の取り消しはできますか?

参加者の都合による参加の取り消しについては、所定の手続きが必要となります。所定の取消し書面をお送りしますので、メールにてご連絡ください。

 

採用面接について

Q.必ず受入れ先が見つかりますか?

CIEEの英語インタビューに合格されても、必ずしも受入れ先が見つかるとは限りません。CIEEでは各受入れ先が求める最低応募要件(主に英語力と参加可能期間)を満たしているかを確認しますが、各受入れ先は、各国からの応募者の人柄・英語力・参加可能期間・過去の経験等を総合的に相対評価して採用/不採用の判断をしますので、ご了承ください。参加可能期間という観点では、日本の大学の夏休みは短く、日本人はヨーロッパ等の学生より不利な状況にありますが、日本人の勤勉さや協調性等は評価されていますので、面接の際に上手くアピールしましょう。 面接の結果、万が一受入れ先が見つからなかった場合は、お申込金から5,000円の手数料を差し引いた額を返金いたします(返金にかかる振込手数料はお客様のご負担)。

Q.複数の受け入れ先と面接することはできますか?

面接可能なのは1社のみとなり、複数の受入れ先を併願することはできません。各受入れ先・ポジションの面接人数枠が決められているためですので、ご了承ください。

Q.面接先は自分で選べますか?

ご希望はお伺いしますが、ご希望のうち、実際にどの受入れ先・ポジションで面接していただくかはCIEEが決定します。面接の結果、なるべく多くの方が採用されるよう、参加可能な期間や英語力等について、受け入れ先の求める要件をより多く満たす方を相対的に判断するためですので、ご了承ください。

Q.設定された日にち以外に面接を受けることはできますか?

受入れ先との採用面接を設定日以外に受けることはできません。各受入れ先は、日本だけでなく各国から多数のアルバイト希望者と面接を行うため、面接日は、事前にスケジュール調整を行った上で指定された日にちとなっておりますので、ご了承ください。

Q.面接を受けるにあたって必要なことは何ですか?
面接はSkypeのビデオ通話で実施されます。面接結果に影響を及ぼさないよう、以下の環境で面接に臨んでください。

・静かな、個人の空間であること
・スマートフォンやタブレットではなく、パソコンを利用すること
・ヘッドセットを利用すること
・インターネットの接続が良好であること

Q.  Skype以外の方法で面接接を受けることはできますか?
受入れ先の都合により、面接はSkypeの利用が必須となります。Skypeのアカウントをお持ちでない方は、新規登録を行い、面接までに利用できるようにしておいてください。
Q.面接で不採用となった場合はどうなりますか?

別の受入れ先・ポジションの面接枠に空きがある場合に限り、ご希望によっては別の面接を受けることができる場合もあります。残念ながら受入れ先が見つからなかった場合は、お申込金から手数料の5,000円を差し引いた額を返金いたします(返金にかかる振込手数料はお客様のご負担)。

渡米準備について

Q.海外旅行保険には必ず入らなければなりませんか?

はい。CIEEが指定方法で海外旅行保険へご加入いただくことが参加条件となっています。
プログラム料金にアメリカ国内での医療保険は含まれていますが、医療以外の旅行中のトラブルに関する保障がないこと、また「米国入国まで」と「米国出国後」は保障されていないことから、更に、万が一の事故が発生した場合にCIEEが迅速な情報収集、対応をできるよう、海外旅行保険へのご加入が必須となっています。

Q.オリエンテーションには参加しないといけませんか?
オンラインによるオリエンテーションと、国内の各会場で実施するオリエンテーションとの2つのオリエンテーションがあります。本プログラムの参加者は、米国政府の規定により事前のオリエンテーションへの参加が義務付けられており、CIEEではオンラインによるオリエンテーションを全員必須としております。CIEEスタッフと参加者が直接お会いして実施する各会場でのオリエンテーションは、ご都合のつく限りご参加いただきたいものですが、必須ではありません。