活用例

授業

大学・高校

Criterion®はコンピューター教室でのライティングの授業で真価を発揮します。画面に向かって書くだけでなく、辞書やインターネット検索を使用したり、隣同士で相談したりしながら書くことで、より良い英文やアイデアに自ら辿り着く方法を身に付けることができます。教員は室内を巡回しながら個別にアドバイスを与えたり、全員への指示を与えたりしながら授業のペースをコントロールすることができます。提出を行なった学習者には、出たスコアやフィードバックについて考えさせ、Revise画面で書き直しをさせることができます。授業中に提出に至らなかった学習者は「保存」をしておき、後で続きから書くこともできます。

 

授業外(課題・宿題)

大学・高校

課題や宿題としてCriterionを使用することもできます。授業までにPlanning Toolにアイデアをまとめておく、授業で書き終えなかったエッセイを書いて提出する、といった使い方ができます。教員がAssignment設定で学習者側に課題が表示される期間を設定することもできます。

 

ピア学習

大学・高校

Peer Review機能を使用することで、Classを更にグループ分けして学習者同士のピア学習が可能になります。ピア同士、お互いエッセイにコメントをつけあうことでピアのエッセイから学んだり自分の書き方を振り返ることができます。

 

自律学習

大学・高校

自主的にライティングの勉強をしたいという学習者のためにCriterionを使用する事もできます。教員によってあらかじめ設定されたトピックに対してエッセイを提出したら、Criterionによる評価やWriter’s Handbookを参考にしてRevise画面で書き直しを行い、エッセイをより良くしていくことができます。

 

試験

大学・高校

英作文の試験でもCriterionを活用することができます。年度の始めと終わりにCriterionで試験を実施してプログラムやコースの効果を測定したり、年度ごとの比較も可能になります。Criterionのスコアを成績に加味するといった用途も考えられます。

*厳正な試験として使用する場合、教員による提出結果の検証等を推奨します。

 

コーパス作成

大学・高校

Reports機能を使用すると、エッセイやスコアを含んだCSVファイルをエクスポートすることができます。エッセイのデータをコーパス化することで、そのグループに特有の単語の使用や間違いの傾向を把握し、効果的な指導を行うことができます。

 

大学入試対策

高校

Scored Instructor's Topic機能で生徒の志望大学の出題傾向にあわせたトピックを作成することで、入試対策を行うことができます。また、TOEFL®テストカテゴリーのトピックを使用することで今後大学入試での活用が予想されるTOEFLテストの対策も可能です。

 

留学準備

大学・高校

短期・長期の留学で必要となるライティングスキルを身に付けるためにCriterionを活用することもできます。

 

TOEFLテスト対策

大学・高校・その他

TOEFLテストのライティングセクション(Independent Writing Task)対策としても利用できます。

 

事例

事例はこちら

 

導入校

導入校一覧はこちら

 

Copyright© CIEE Japan All Rights Reserved.

当サイトはTOEFLテスト日本事務局を行っている国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部が運営しています。

ETS, TOEFL, TOEFL iBT, TOEFL ITP, PROPELL and CRITERION are registered trademarks of Educational Testing Service (ETS) used by CIEE in Japan pursuant to license.