ETS公認トレーナー直伝 TOEFL iBT® テスト対策、ここがポイント!

TOEFLテストの効果的な学習法や対策を細かくアドバイス

立命館アジア太平洋大学,五十峰聖先生
  • 五十峰聖先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 立命館アジア太平洋大学

皆さんこんにちは。2017年になりました。昨年に引き続き、今年もTOEFL® Web Magazineをよろしくお願いします。

さて新年最初の連載はSpeakingです。今までの復習の意味でも、そしてこれからの目標としても、ぜひとも頑張ってください。

Listening

第47回 レベル別・TOEFL iBT® テスト 4技能対策⑫
「上級Speaking攻略法」

TOEFL iBTテストSpeakingセクションについて>>

今まで扱ったレベル別Speaking対策においては、Independent Tasks(Task 1 & 2)とIntegrated Tasks(キャンパストピック、Task 3 & 5)において中級レベルのスコアを意識してきました。中級レベルというのは言い換えると “Fair”の評価を意味し、各タスクにおいて4点満点中2.5 – 3.0の範囲に相当します。トータルスコアではSpeakingセクション30のうち18 – 25程度の範囲にあたります。

今回目指すのは上級Speakingで、評価では “Good”を意味し、スコアでは各タスク4点満点中3.5 – 4.0にあたります。またトータルスコアで見ると26 – 30も可能なレベルとなってきます。ではそのためには何が必要なのか、以下で学習していきましょう。

上級Speaking攻略法①:キャンパストピック添削指導(上級編)

さて前回(第42回 レベル別・TOEFL iBT® テスト 4技能対策⑦「中級Speaking対策と添削学習」)ではTask 3 & 5の対策として、実際の中級レベル学習者のサンプル解答と、それに対する私の添削指導を見ていただきました。上級編の今回は、この同じ題材を使って、上級者のサンプル解答を見ていきましょう。

学習者のご紹介

今回は1名の上級レベル学習者にご協力いただきました。

今回の相談者:社会人 タカシさん
  • 社会人 タカシさん(仮名)
  • <現在の英語力>
    10年以上前にワーキングホリデーで、カナダのトロントに1年間滞在していた。現在は仕事で英語を使う以外、特に対策はしていない。
    <TOEFL iBTテストを受験する理由>
    英語力測定のため。
    <目標スコア>
    TOEFL iBTテスト 100~120

出題Task

記憶をリフレッシュしたい方や前回の出題をまだやっていないという方は、ぜひともこちらをクリックしてReadingとListeningを行い、自分なりに解答してみることをおすすめします。

学習者の提出と五十峰先生からのフィードバック

ETS公認トレーナー直伝 TOEFL iBT® 対策、ここがポイント!:社会人 タカシ音声
タカシさんの提出
 左のアイコンをクリックして、タカシさんの解答を聞いてみましょう。
*Sound Cloudに移動します。左のアイコンをクリックするとすぐに音声が流れます
ETS公認トレーナー直伝 TOEFL iBT® 対策、ここがポイント!:五十峰先生音声
五十峰先生からの音声フィードバック(6分32秒)
 左のアイコンをクリックして、タカシさんに対するフィードバックを聞いてください。
*Sound Cloudに移動します。左のアイコンをクリックするとすぐに音声が流れます

コメントした通り

  1. 若干のためらい・詰まりなどはあるものの、音声面では全体的に聞き取りやすい
  2. Listeningの情報を、理由2点までしっかりと含めている

という点が高評価の対象となります。改善点としては

  1. ワードチョイスをより適切に
  2. Readingからの情報を足す

などが挙げられます。これらを改善すれば、更なるスコアアップが期待できます。引き続き頑張ってください。

上級Speaking攻略法②:Task 4の特徴・形式を理解する

さてここからは、アカデミックトピックを扱うTask 4と6に焦点を当てていきます。

まずTask 4ですが、Reading → Listening → Speakingと作業が多いので、混乱しないように出題形式と特徴をおさえておく必要があります。それに関しては以前の連載『第32回 TOEFL iBT® テスト Speaking対策 公開添削指導⑨ Integrated Task 4』のTopic: アカデミックトピックで再確認してみてください(問題演習もありますので、余裕のある方はぜひトライしてみてください)。

上級Speaking攻略法③:Task 6の特徴・形式を理解する

続いてはTask 6です。このタスクはListening → Speakingという非常にシンプルな手順のみですが、以下の注意点が必要です。

 

Task 6 – Listening注意点

  1. 1 – 1.5分のアカデミックレクチャーを聞く
  2. その際、メインとなる概念や事象が何なのか(つまり何についての話か)
  3. 通常1つの概念・事象に対して2つの具体例や方法、要因などが来るようになっている
  4. その2つの具体例を、できるだけ詳細にノートテイキングを行う

 

例:Main idea: 商品の販売戦略を練るのに、2つの要因を考慮しなくてはならない
#1:年齢層 (+ 具体例)
#2:地理 (+ 具体例)

 

Task 6 – Speaking注意点

  1. 準備時間は20秒
  2. レクチャーを要約する。話せる時間は60秒
  3. その際、メインアイディアと2つの具体例を必ず含める
  4. 時間配分に注意。時間内に確実に2つ目の具体例まで言及できないと減点となる

上級Speaking攻略法④:Task6 問題演習

それでは最後にTask 6を実際に体験していただきましょう。ノートテイキングの準備は大丈夫でしょうか?

ETS公認トレーナー直伝 TOEFL iBT® 対策、ここがポイント!:Q
Listen to part of a lecture in a business class.
 左のアイコンをクリックして音声を聞いてみましょう。
*Sound Cloudに移動します。左のアイコンをクリックするとすぐに音声が流れます

Question:
Using points and examples from the lecture, explain the two major factors of product quality and how their role in consumer decision making has changed.
Preparation Time: 20 seconds
Response Time: 60 seconds

(TOEFL Quick Prep Vol.3より)

いかがでしたか?それではポイントを整理していきましょう。

メインアイディア: Product quality consists of 1) reliability and 2) features.

 

具体例1: reliability (信頼性)

  1. the absence of any defects or problems(欠陥がないこと)
  2. 以前→ people thought mainly about reliability
  3. 今日→ products are reliable in general
  4. 例: cars

 

具体例2: features(特徴、オプション)

  1. People need additional factor in considering products(信頼性があがってきたので、それ以外のものが必要になってきた)
  2. People today focus on features
  3. Featuresとは: extra things a product has
  4. 例: electric windows, sun roofs, air conditioning, stereos

設問ではこれら2つの要素が「いかに消費者の購入意思において変化してきたか」と問われているので、

  1. 以前は商品のreliabilityをメインに考えていた
  2. 最近では、商品のクオリティが上がってきたのでreliabilityは当たり前。それ以外のfeaturesが購入の決め手となってきた

というIn the past… vs. Today….という時間の対比に言及して、話を組み立てると綺麗に収まります。

トランスクリプトはこちらにありますので、ぜひ復習に役立ててください。

それではお疲れ様でした。次回(2017年2月28日更新予定)は上級Writing対策です。お楽しみに!

TOEFL iBT® テスト Speakingセクションについて
TOEFL iBTテストのSpeakingセクションは「Independent Tasks」と「Integrated Tasks」の2種類の形式、全6問で構成されています。
「Independent Tasks」は問題数が2問、準備時間15秒・解答時間45秒です。
「Integrated Tasks」は、同時に複数の技能を測定する問題となり、問題数は4問です。
「読んで聞いて話す」問題が2問で準備時間30秒・解答時間60秒、「聞いて話す」問題も2問で準備時間20秒・解答時間60秒です。
また、マイク付きヘッドフォンを使用しての受験になります。詳細はこちらをご確認ください。

Sound Cloudご利用に関して
一部のブラウザーでは音声が再生できない場合がございます。safariまたはGoogle Chromeなどをご利用ください。

 

  • 五十峰聖先生 プロフィール
  • ETS Authorized Propell Facilitator
    立命館アジア太平洋大学(APU)教育開発・学修支援センター 准教授
    1991年より渡米。1999年ウエストバージニア大学より高等教育経営学修士号を取得。大学職員、International Student House(ワシントンDC)プログラムディレクターを経て帰国。 明治学院大学、神奈川大学等を経て2012年9月より立命館アジア太平洋大学勤務、2016年4月より現職。
    専門:TOEFL、アカデミックイングリッシュ、アメリカ研究
    著書:
    『実践版 基礎英文法問題集1200』(DTP出版、2010)
    『TOEFL® TEST スピーキング英単語』(河合出版、2016)
    執筆・監修:
    『TOEFL iBT®テスト本番模試(TOEFL®テスト大戦略シリーズ)』(旺文社、2015)
    『TOEFL ITP®テストリーディング問題攻略(TOEFL®テスト大戦略シリーズ - リーディング問題攻略)』(旺文社、2016)
    『TOEFL ITP®テストリスニング問題攻略 (TOEFL®テスト大戦略シリーズ - リスニング問題攻略)』 (旺文社、2016)
    記事:「公認トレーナー直伝!TOEFLの出題傾向と突破のポイント!」(朝日出版社、CNN English Express 2013年8月号)
    「TOEFL iBT® Speakingについて」(大修館書店、英語教育2016年5月号)

 

五十峰先生に直接訊こう!

質問、感想などコメントを受付ています。
(いただいた質問やコメントに関しては今後の連載を通して答えていきますので了承ください)

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。

 

 ETS公認ガイドTOEFL iBT(R) (第4版) CD-ROM版