【Vol.21】CIEE JAPAN50周年記念スカラーシップ授与式

  • print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユナイテッド航空

2017年度のCIEE JAPAN50周年記念スカラーシップの授与式が執り行われました。2017年は6名の方が受賞しましたが、お住まいの地域や出発される時期が異なるため、授与式を4月~6月にかけて3回に分けて行いました。

3回目となる6月28日にはフランス・パリのプログラムに参加される蘆田真奈さんと益子歩鞠さん、コスタリカ・モンデベルデのプログラムに参加される大塚桃奈さんが出席されました。

証書授与の後、渡航前の決意を語っていただきました。高校生の時からフランス語を学び、ずっと抱いていたフランスで学びたいという望みを叶えた蘆田さん、学期中は単位の関係でなかなか勉強できなかったフランスの言語や文学を学びに行きたいという益子さん、電力の9割を再生エネルギーでまかない、軍事力を持たないコスタリカという国を知って学びに行きたいと思った大塚さん、3名それぞれが明確な目的を持ち、学ぶ意欲に満ちたスピーチをしてくれました。

授与式終了後は懇親会が開かれ、食事をしながら海外事情の話題あれこれに話がはずみました。

今回出席された3名の他にも、アイルランド、台湾、ロシアへと受賞者の皆さんが渡航されます。受賞者の皆さんが充実した海外体験をして無事にご帰国されることを楽しみに待っています!

2017年スカラーシップ授与式の様子はこちら

CIEE JAPAN50周年記念スカラーシップとは?

「CIEE JAPAN50周年記念スカラーシップ」は、CIEE米国本部で実施している海外留学プログラム「STUDY ABROAD」の夏期留学プログラムに参加を希望する日本人大学生を支援する奨学金です。CIEE日本代表部の設立50周年を記念として設けられ、2016年~2018年の3年間で50名を募集し、各年ごとに選考された受賞者は約US$2,000~US$3,500のプログラム費用が免除されます。

STUDY ABROADプログラムは、1958年にアメリカとロシア間で開始した交換プログラムを発端とします。現在では40か国にスタディセンターを開設し主要大学と連携しながら実施しています。主にアメリカの大学に在学している学生を対象として、年間220のプログラム(秋・春セメスター、サマー・セッション)に10,000 人が参加しています。

本プログラムはアメリカの大学生向けに開発されているため、参加者のほとんどはアメリカの大学に在籍する学生です。本プログラムの一番の特徴は、アメリカの大学生と共に日本とアメリカ以外の国(約30か国・40都市から選択)へ行って英語で学ぶという点にあります。

「CIEE JAPAN50周年記念スカラーシップ」詳細はこちら

他の記事も読む