THE WORLD IS OUR CLASSROOM. JOIN US.

CIEEの海外ボランティア

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内容・参加費用

プロジェクト数・活動国
期間  申込締切 参加費用 対象者 


国際ボランティアプロジェクトとは

第1次世界大戦後、それまで敵対していたヨーロッパ諸国の若者たちが、国境を越えて共同生活を送りながら協力して、戦争で破壊された農地や街を再建する平和活動をおこないました。これが国際ボランティアプロジェクト(ワークキャンプ)の起源と言われています。 その後、この活動は世界中に広まり、建物の修復、社会福祉、環境保護など、活動の分野も多岐にわたるプロジェクトが開催されるようになりました。

CIEEでは、1995年からこの活動に参加し、現在、ヨーロッパを中心に世界約35か国に日本人の参加者を送り出し、同時に日本国内で世界中からボランティアを受け入れています。自らの考えで動き、仲間ととことん話し分かり合い、困難な状況も楽しみながら、全てをご自身の力でやり遂げることで、観光旅行や普段の日常生活では決して得ることができない、あなただけの特別な体験となるでしょう。勇気を出して一歩を踏み出せば、きっと一回り成長した自分が待っています!

このプログラムの魅力
  • 各国から集まる仲間とのワークキャンプを通じて異文化交流ができる
  • 活動先は約35カ国!
  • 約18カテゴリーもの多様な活動内容から選べる
  • 渡航前の準備~帰国まで全てを自らの力でやり遂げることで成長を実感
心構え(求められる力)
▼国際ボランティアプロジェクトは、現地集合・現地解散型のプログラムです
現地からの情報を頼りに、集合場所までの行き方を調べ、航空券の手配や持ち物の準備など全てをご自身の手で行っていただきます。そのため強い意志、自立心、危機管理能力が求められます。
▼自分で考えること
人に頼ることを前提とせずに、どうすれば解決できるか、まず自分で考えてください。海外では18歳になれば「大人」と見なされます。一人の個人として自覚を持って行動が求められます。同時に、自分の身を自分で守る必要もありますので、日本を出発する前に、自分で考えて行動する習慣をつけましょう。
▼自発的に楽しもうとすること
語学研修やツアー旅行のように朝から晩まで決められたスケジュールがあるわけではありません。多くのプロジェクトで、リーダーを中心に集まった仲間たちとアイデアを出し合い、自分たちでスケジュールやルールを作ります。 また、ボランティアは「お客様」ではありませんので、もてなされるのを待つ受け身の姿勢ではなく、自ら、与えられた環境を最大限に楽しむように働きかけましょう。
▼グループの一員として他の参加者を尊重し、協調性を持って取り組むこと
一部のプロジェクトを除き、特別な資格や高い英語力は求められていませんが、他人を思いやる気持ち、積極的にコミュニケーションを取ろうとする姿勢は必要です。各国のボランティアとの共同生活では、文化の違いからぶつかることや思い通りにならないこともきっと出てきますが、お互いを尊重し、理解する努力をしましょう。
▼興味のあるプロジェクトを見つけたら、自分で調べ計画を立てること
●活動場所(地名)を地図で見てみる(最寄りの都市はどこだろう?)
●航空券の相場を調べてみる(出発日を数日ずらすだけで、数万円の差が出ることも!)
●プロジェクトの「参加条件」までしっかり確認(能力や興味関心に指定があることがあります)

プロジェクト数・活動国

  • 春期(1~5月)約60プロジェクト
    ヨーロッパ ▶ アイスランド、エストニア、ドイツ、フィンランド
    アジア ▶ カンボジア、ベトナム、台湾、ネパール
    北中米 ▶ メキシコ
  •  アイスランドの特徴
    アイスランド

    (最寄空港)レイキャビク
    (活動概要)リハビリテーションクリニックでの環境整備、ボランティア活動をまとめた雑誌の写真撮影、宿泊施設の改築・修復作業、環境問題についてのワークショップ、国際写真キャンプ
    (滞在形態)バンガロー、現地団体所有の宿泊施設 など
    (追加費用)350~450ユーロ ほか



    アイスランド参加者の声
    「リーダーも参加者も、優しい方たちばかりで、楽しく、安心してプログラムをこなすことができた」
    「積極性が必要と感じる場面も多く、多くのことを学び、非常に刺激的な経験となった」
    「みな親切だったが、英語がもっと理解できればもっと楽しめたのに、と悔しい思いをした」
    「日本人が多かったが、自主的に海外の人とコミュニケーションを取り、充実した時間が過ごせた」
     フィンランドの特徴
    フィンランド

    (最寄空港)ヘルシンキ
    (活動概要)難民や障害を持つ生徒を受け入れている民間学校で、屋内外のメンテナンス作業
    (滞在形態)ドミトリー、キャビン など
    (追加費用)0~150ユーロ ほか



    フィンランド参加者の声
    「キャンプリーダーはとてもフレンドリーでみんなをまとめてくれ、他国からのボランティア参加者は皆とてもフレンドリーで協力し合って作業をすることができ仲良くなることができた」
    「現地団体やリーダーがしっかりしており、スケジュールも上手く構成されておりとても良かった。
     メンバーもみんな明るく、とても思い出に残るワークキャンプになった」
  • 夏期(7~9月)約800プロジェクト
    ヨーロッパ ▶ アイスランド、アルメニア、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オランダ、オーストリア、ギリシャ、スイス、スペイン、スロバキア、セルビア、チェコ、デンマーク、トルコ、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベラルーシ、ベルギー、ポルトガル、ポーランド、ラトビア、リトアニア、ロシア
    アジア ▶ カンボジア、フィリピン、ベトナム、台湾、韓国、香港
    北中米 ▶ アメリカ、カナダ、メキシコ
  • 2020年夏季の申込受付は3/26(木)より一部の国から開始予定でしたが、延期といたしました。各国の安全情報などの状況を注視しながら、現地でのボランティアの受け入れ態勢が整い次第、皆様の安全と健康を第一に考えた上で、募集を再開していく予定です。
     メキシコの特徴
    メキシコ

    (最寄空港)プエルトバジャルタ、メキシコシティ
    (活動概要)ウミガメの保護活動。ウミガメの生態に合わせ、夜間に活動を行う。
    (滞在形態)ホテルの部屋を数名でシェア
    (追加費用)310ユーロ ほか
    ※5日間のスペイン語講座の参加希望者は、別途110ユーロ



    メキシコ参加者の声
    「休日には、リーダーがメキシコの色々な所に連れていってくれ、絶対にこれから経験しないであろう体験をすることができ、良かった」
    「夜にボランティアを行い、昼間は様々なところに出かけ、普通に観光することでは知ることのできないディープなメキシコを楽しむことができた」
    「現地団体の方が本当に良い方で、日本では絶対に経験できないことをたくさん経験できた」
     カンボジアの特徴
    カンボジア

    (最寄空港)プノンペン、シェムリアップ
    (活動概要)教育の機会に恵まれない子どもたちに、英語やPCの使い方を教える、学校や図書館の改築・改修マングローブでの地域活性活動
    (滞在形態)地元家族の家、ボランティアハウス、バンガロー など
    (追加費用)220USドル ほか




    カンボジア参加者の声
    「他国からの参加者や現地の人と、英語を通して意思疎通をはかったり、互いの文化を交流したりできて、とてもいい思い出になった。また参加したい」
    「日本人が多かったが、皆フレンドリーで他の国籍の人とも仲を深めることができた」
    「緊張している僕らを和まそうとしてくれていることが、滑っている冗談からひしひしと伝わってきた」


  • 冬期(10~12月)約60プロジェクト
    ヨーロッパ ▶ アイスランド、イギリス、イタリア、トルコ、ドイツ、フィンランド、フランス
    アジア ▶ カンボジア、ネパール
    北中米 ▶ メキシコ
     
  • *国、プロジェクト数はシーズンにより異なります。また、国際情勢などにより、期の途中で派遣国が変わる場合がありますので、最新情報はプロジェクト検索ページよりご確認ください。

    活動内容

    活動例

    • 遺跡 / 建築物と関わる活動(考古学、建築、力仕事、修復)
    • 自然と関わる活動(農作業、動物、環境保護)
    • 文化と関わる活動(芸術、文化、お祭り)
    • 社会福祉に関わる活動(障がい者、高齢者、子供、難民支援)
    • 教育や学びに関わる活動(教育、言語、学び)
     ▶詳しい活動内容はこちら【申込受付中の時期のみプロジェクト検索できます】

    活動スケジュール

    原則として、1日5~6時間、週5日(平日)*天候やプロジェクトにより異なります

    現地受入団体について
    国際ボランティアプロジェクトの現地受入団体は、CIEEが所属するAlliance of European Voluntary Service Organizationsのメンバーまたはパートナーとして活動する各国の団体です。
    Alliance of European Voluntary Service Organizationとは、1982年にヨーロッパの団体が中心となり設立した、ボランティア活動を通じて異文化交流、異文化理解、平和を推進する国際的NGOのネットワークです。現在では世界中30か国、49の団体によって構成されています。各国の団体は、毎年様々なボランティアプロジェクトを企画・運営し、会員団体間で相互に派遣・受入を行っています。

    滞在・食事・空港送迎

    滞在

    ユースセンター・学校・公民館などの公共施設、テント、教会、水車小屋、古城、ゲストハウスなど

    *多くのプロジェクトで寝袋の持参が必要です

    食事

    受入先より支給される食材を使って自炊

    *調理は当番制にするなどメンバー内で協力し合います。プロジェクトによっては食事を提供される場合もあります。

    空港送迎

    なし(指定の場所で現地集合/現地解散)

    *最寄空港から集合場所まで、ご自身で行き方を調べて向かっていただきます

    現地での過ごし方

    チーム構成

    • 世界中からのボランティア

      (2、3名~20名を超える構成など規模は様々。 男女比、国籍のバランスはプロジェクトにより異なる)
    • キャンプリーダー

      (1~2名)

    困ったときは…

    集合場所まで迷ってしまったり、活動中にうまくメンバーになじめなかったり、食事当番や活動の分担に疑問があった場合、とにかくキャンプリーダーに相談してみましょう。
    キャンプリーダーは活動を管理するだけではなく、参加者のみなさんが楽しんで色んな経験ができるように様々な準備をしてくれています。現地で感じた疑問点は現地で相談して、心残りがあるまま帰国することのないようにしましょう。キャンプリーダーも、きっと解決できるよう協力してくれるはずです。

    *現地団体、もしくはキャンプリーダーの緊急連絡先は、参加決定後の最終案内時にお渡しするInfosheet(現地から提供のあるプロジェクトの最も詳細な資料)に記載されています。

    ▶参加までの詳しい流れ

    期間

    プログラム開催期間

    • 春季:1月~3月
    • 夏季:7月~9月
    • 約800プロジェクト(アイスランド、アルメニア、イギリス、イタリア、ウクライナ、エストニア、オランダ、オーストリア、ギリシャ、スイス、スペイン、スロバキア、セルビア、チェコ、デンマーク、トルコ、ドイツ、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベラルーシ、ベルギー、ポルトガル、ポーランド、ラトビア、リトアニア、ロシア、カンボジア、フィリピン、ベトナム、台湾、韓国、香港、アメリカ、カナダ、メキシコなどで開催予定)です。
      2020年夏季の申込受付は3/26(木)より一部の国から開始予定でしたが、延期といたしました。各国の安全情報などの状況を注視しながら、現地でのボランティアの受け入れ態勢が整い次第、皆様の安全と健康を第一に考えた上で、募集を再開していく予定です。

    参加期間

    1~4週間程度(プロジェクトごとに設定された期間)+ 前後1日以上

    (例)プロジェクト期間が8/10~8/25の場合:8/9に現地到着、8/26に現地出発、時差により翌日8/27に日本帰国

    申込締切

    プログラム開始日の4週間前 までにSTEP1の手続きを完了させること。
    ただし、先着順のため、プロジェクトが満席になった場合、予告なく募集終了します。

    参加費用(消費税込)

     
    対象者 1プロジェクト 2プロジェクト
    (1) CIEEメンバー校に在学中で、CIEE海外ボランティアへの参加が初めての方参加費用=プログラム料金

    44,000円
    61,000円
    (2) CIEEメンバー校以外の方で、CIEE海外ボランティアへの参加が初めての方
    参加費用=プログラム料金+CIEEメンバー会費

    49,000円
    66,000円
    (3) 過去にCIEE海外ボランティアへ参加されたことがある方
    参加費用=プログラム料金-リピーター割引
    39,000円
    56,000円

    別途、追加費用のかかるプロジェクトもありますので、詳細は各プロジェクトの募集要項をよくご確認ください。

    [よくある質問] Q.プロジェクトによって追加費用がかかるのはなぜですか?
    A. 皆様がCIEEに支払われる参加費用は直接、食事や宿泊先の費用として使われるのではなく、国際ボランティアプロジェクト運営のために必要な経費等に充てられます。 しかし、国や外部からの援助を受けていない現地受入団体が、特別な手配を必要とする場合などは、別途、現地でボランティアから直接追加費用を徴収してプロジェクトを運営しています。追加費用があるかどうかについては、プロジェクト検索を行った後、一つ一つのプロジェクトを紹介しているページの【追加費用】欄で確認することができます。

    プログラム料金に含まれるもの
    • CIEE手続代行料・事務諸経費
    • 出発前オリエンテーション運営・参加費
    • プロジェクト期間中の滞在費
    • プロジェクト期間中の食費
    • プロジェクト参加費
    プログラム料金に含まれないもの
    • 往復航空運賃・燃油特別付加運賃等
    • 空港税・出国税・これに類する諸税・料金
    • パスポート取得や査証取得など渡航手続きの費用
    • チップ、電話代、現地での交通費など個人的性質の諸 費用及びそれに伴う税/サービス料
    • 海外旅行保険料(但しCIEE指定の保険に加入必須)
    • プログラム期間外の一切の費用
    • (一部プロジェクトにおける)追加のプロジェクト運営費用
    • CIEEメンバー会費 

    *プログラム料金に含まれるものの一部をお客様のご都合により利用されなくても払戻しはいたしません
    キャンセル料金が発生するタイミング・金額をご確認ください
    [よくあるご質問①] Q. 振込をした後に満席になってしまったら、お金は戻ってきますか?
    A. ご希望のプロジェクトが全て満席で、他に参加したいプログラムがなく、申込みを取消される場合は、お振込みいただいた費用の全額を申込者の口座に返金いたします。

    [よくあるご質問②] Q. 航空券やビザが取れなかったときも、キャンセル料がかかりますか?
    A. 申込完了(契約成立)後にかかるキャンセル料(CIEEでは取消料と呼びます)の金額とタイミングは、参加条件書(第15・16条)のテーブルにてご確認ください。

    スケジュール例

    日程
    開始日前日

    最寄りの空港または都市に到着
    集合場所、時間は、開始日の1~4週間前に決定するため、柔軟に対応できるようにしておく

    開始日

    ご自身で指定の場所/時間に集合。チームメンバーと合流し、滞在先に移動!

    開始日翌日

    終了日前日

    <ボランティア活動>
    通常、到着の翌日から活動開始!
    ワーク時間は、1日5~6時間、週5日程度だが、天候や現地のニーズにより週末や夜間に活動を行う場合も

    <ワーク後、休みの日>
    ワーク後は、食事当番が料理をしたり、チームメンバーと買い出しに出かけたり。
    週末やお休みの日は、観光など現地での生活をみんなで満喫しましょう!

    終了日 

    片付け、お別れパーティなど
    解散時間は流動的なため、その日のうちに最寄空港までたどり着ける保証がありません。この日は、ご自身で宿泊手配をして現地で一泊します。

    終了日翌日以降 

    ご自身で最寄空港を出発し、帰国

    対象者

    • 参加条件書に同意いただける方
    • 18歳以上(高校生不可) ~ 30歳程度  30代の方はお問合せください
      (各プロジェクトで指定されている場合は、それに準じる)
    • 心身ともに健康な方
    • 渡航から現地での共同生活/活動、帰国までを1人でこなせる英語のコミュニケーション力がある方(スコア等は不要)
    • 自立心、積極性、柔軟性をお持ちの方
    • 「心構え」を理解し、ボランティアとしての自覚を持って参加していただける方