ETS公認トレーナーが解決!TOEFL® テスト質問箱

TOEFLテスト、英語の疑問質問から学ぶミニ勉強会

カテゴリー:TOEFLテスト全般ReadingListeningSpeakingWriting英語学習留学バックナンバー

TOEFL® テスト開発・運営団体である米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)の公認トレーナーとして活躍されている4名の先生方に、読者の皆様からよくいただくTOEFLテストや英語学習に関する疑問質問にお答えいただきました。

今回の質問

listening

Listeningの対策を教えてください

TOEFL iBT® テストのListeningをしているときは、どのよう方法で書いて、どういう点に注意してノートテイキングをすれば良いでしょうか。

 

ETS公認トレーナーからのアドバイス

立命館アジア太平洋大学 五十峰聖先生

内容の理解に集中しよう

conversationにおいては、問題点、つまり困っている点と、それに対する解決策を中心にメモを取りましょう。そしてそれぞれの詳細をできる限り記しましょう。

Lectureにおいては、扱われるアカデミックトピックが何なのか(例:鍾乳石の形成)、特徴的な性質、具体例、あとは手順・順番なども設問の中心となります。もっとも聞いて理解できて覚えられる事項については無理にメモを取る必要はありません。内容の理解に集中しましょう。
甲南大学 津田信男先生

全般的な流れを把握し、具体的な内容を理解しよう

TOEFL iBT® テストのListeningは、全般的な流れを把握できているか、具体的な内容を理解しているかを問う問題から成り立っています。

これに答えるには、
1.トピック(カンバセーションの場合、学生が先生の研究室に何をしにきたのか。レクチャーの場合、講義のトピックは何なのか)を知ること
2.トピックの背景(カンバセーションの場合、問題は何か。レクチャーの場合、トピックの背景など)
3.理由(カンバセーションの場合)/例(レクチャーの場合)
4.結論(レクチャーの場合、結論はない場合が多い)

上記のことを考慮してノートテイキングすると良いでしょう。また、abbreviations(略語)を使うと効果的に書けます。

例:example = ex, between = btw, number = #, with = w, and = +

 

今回解決してくれたETS公認トレーナー

五十峰 聖先生
  • 五十峰聖先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 立命館アジア太平洋大学(APU) 教育開発・学修支援センター 准教授
  • プロフィールはこちら
津田 信男先生
  • 津田信男先生
  • ETS Authorized Propell Facilitator
  • 甲南大学 国際言語文化センター所長 教授
  • プロフィールはこちら

 

ETS公認トレーナーに直接訊こう!

質問、感想などコメントを受付ています。
(いただいた質問やコメントに関しては今後の連載を通して答えていくので了承ください)

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。