達セミに学ぶ 英語学習のヒント

全国の熱血教師による授業に学ぶ英語学習方法伝授

北海道壮瞥町立壮瞥中学校 大塚謙二先生
  • 北海道壮瞥町立壮瞥中学校
  • 大塚謙二先生
今回のヒント
英語力は単語力だ!ボキャビルを手軽に粘り強く行うコツ!

ローマは一日にしてならず!英語も短期間では大成せず!ボキャビルでパワーアップ!

中学校で長年勤務していると、おもしろい発見をします。昔、学校では学習指導の資料として知能検査を行っていました。分析結果が届くと、職員室で話題になるのが「あの学年1位の生徒の結果は意外と低いね!」「勉強が苦手な○○君の結果は高いね!」ということです。もちろん、知能指数と学力が相関関係にある生徒もいますが、そうでない場合も意外と多いのです。では、学力の高さの要因を経験から導き出すと、答えは「粘り強い性格」です。英語学習も同様で、英語の使用上困るのは知らない語彙です。ですから、高校卒業程度の学習者が英語の力を伸ばすのなら、「粘り強く」必要な分野の語彙を増やすことが近道です。その分野の英語を聞いたり、読んだりしてインプットを増やし、それを使ってアウトプットさせることが効果的です。粘り強くできるかどうかが上達できるか否かの分かれ道です。

好きな分野の英語からはじめよう!スマホでパワーアップ!!

では、英語を粘り強く勉強できるのはどんな生徒だと思いますか?
答えは、

      ①英語好きな生徒
      ②英語の才能がある生徒
      ③まじめに勉強する粘り強い性格の生徒

です。英語好きな生徒は、英語が話せることへの憧れや好きな歌手、映画の影響もあります。そんな生徒は、継続して勉強するので、習慣化されて、最終的に力をつけます。また、生まれつき英語の発音が上手な生徒、リスニングが得意な生徒がいます。このタイプの生徒は、才能を褒められるので、それがきっかけで勉強を継続します。そして、最後のまじめに勉強する生徒は着実に、そして急速に力をつけていきます。継続は力なり!英語が上達する生徒たちに共通することは、外国語学習に必須の基礎的、基本的な3種類の知識をきちんと学んで、覚えて、使っています。その3つは、

      ①語彙(単語、連語、定形表現)
      ②文法
      ③音声

です。これらの勉強に最適な教材はCD付き英語学習月刊誌や自分が高得点を目指している英語の各種テストの問題集です。それを繰り返し学ぶことで語彙が増えます。多くの雑誌では語彙の解説、和訳、音声が付いています。それらを理解した上で日常的にスマホにデータを入れて聞き流すだけでも効果があります。

また、語彙に関してはweblio(http://ejje.weblio.jp/)という辞書のサイトが便利です。ここでは、無料の会員登録をすると、調べた単語の自分専用の単語帳を作ることができ、そこにフォルダ分けをして保存することもできます。また、それらの単語を使ってテスト形式で復習することも可能です。もちろんスマホでも見られるので、パソコンで調べて保存し、通勤通学の際にスマホで繰り返し学習することができます。大切なことは自分が興味あるものや、力を高めたいものから始めることです。手軽だからこそ繰り返せるのです。

 

達人セミナーについて
  • 英語教育・達人セミナーについて
  • 英語教育の情報交換のためのネットワークです。
    達人セミナーをはじめとするさまざまな研修会や英語教育についての情報を交換する場所です。
    ※最新のスケジュール等は毎週火曜日発行のメールマガジンでも情報を配信しています。
    メールマガジンを見る >>
    スケジュールを見る >>
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。