達セミに学ぶ 英語学習のヒント

全国の熱血教師による授業に学ぶ英語学習方法伝授

清泉女子大学/大杉正明先生
  • 清泉女子大学
  • 大杉正明先生
今回のヒント
知って得する辞書の世界

英語学習のツールと言えば、「辞書」です。良い辞書を「学習の友」としてつき合って行くことが大切ですね。そこで、1)英語の辞書の種類と特徴を知る、2)目的に合った適切な辞書を選ぶ、3)効果的な使い方を覚える、ということが重要です。
まず、1)「英語の辞書の種類と特徴を知る」から始めましょう。最初に質問です。皆さんは「紙の辞書」派ですか、それとも「電子辞書」派ですか。自宅で勉強する時には紙の辞書を使い、外出する時には電子辞書を携帯する、という人が多いかもしれませんね。ただし、ここで理解しておくべきことは、電子辞書の中に入っている辞書コンテンツも「もとは紙の辞書」だということです。電子辞書用に語彙数を減らしたり、内容を縮約したバージョンを入れているものもあるかもしれませんが、基本的には、紙の辞書の内容を電子辞書に入れているわけです。
「英和辞典」と「和英辞典」は長年使っているはずです。今回は「英英辞典」と「英英和辞典」に絞ってご紹介します。

1)「英英辞典」

「英英辞典」には、アメリカ人やイギリス人といった「ネイティブ.スピーカー向きの辞典」と、我々日本人のように外国語として英語を学んでいる「学習者向きの辞典」があります。後者は「定義・解説の英語がわかりやすい」、「イディオムなどの連語表現が示されている」、「役に立つ用例がある」などの特徴があります。当然、こちらの方が日本人向きです。

ネイティブ・スピーカー向き

世界最大の英語辞書:OED(Oxford English Dictionary)
アメリカ英語最大の辞書:Webster’s Third New International

日本人向き

OALD(Oxford Advanced Learner’s Dictionary)
LDOCE(Longman Dictionary of Contemporary English)
どちらも用例が豊富で使いやすい。

「英英辞典」の効用

試しにOxford Advanced Learner’s Dictionary を使って “profession” という語を引いてみましょう。profession をただ「職業」「仕事」と覚えたのでは、不十分だということがわかります。

1.「英語本来の意味がわかる」

profession [C] a type of job that needs special training or skill, especially one that needs high level of education
profession とは「特別な訓練や技能を必要とする仕事、特に高度な教育を必要とする仕事」で、連語の例でも「医者」や「弁護士」などの職業を念頭に置いた語だということがわかります。

2.「よく使う連語がわかる」

medical profession, legal profession, go into a profession

3.「役に立つ用例がある」

She was at the very top of her profession.
このようにして、英語本来の意味が、わかりやすい英語で説明されています。「連語」や「用例」は是非メモしたり、ノートやパソコンなどに「自分の用例集」を作ると、知らぬ間に英語力がつきます。

2)「英英和辞典」

Cambridge Learner’s Dictionary (英英和辞典)、「ワードパワー英英和辞典」、その他。

「英英和辞典」とは何か?

さて、皆さんのなかで「英英和」を使ったことがある方は手を挙げてください。ああ、あまりいないようですね。実は、英文科の学生はおろか教員でも「英英和」の存在を知らない人は珍しくないのです。「英語力をアップするには英英辞典を使うといいよ」とよく言われますが、全部英語では不安だ、と思っている人も少なくないでしょう。そんな人にとってありがたいのがこの「英英和」です。英語の解説の後に文字通り「和」があるのです。ちょっと実際に引いてみましょう。

astronomy noun [U] the scientific study of stars and planets
        天文学        (Cambridge Learner’s Dictionary)
convent 名 C定義 a place where women(nuns) live in a religious community  女性(修道女)が宗教的共同生活をする場→(女子)修道院、(女子)修道会 参 monastery
(ワードパワー英英和辞典)

こうして比較してみると、Cambridge が簡潔に「補助」として日本語を添えているのに対して、ワードパワーでは、英語の定義の日本語訳も加えられています。それぞれC (countable)「加算」、U(uncountable)「不加算」を表示している点も良いですね。ワードパワーでは、最後に参(参照)として monastery((男子)修道院)も挙げています。

どうですか。英語だけの「英英辞典」よりも「安心感」がある分、使いやすいかもしれませんね。まずは「英英和」を使うことで、「英語の定義や解説」に慣れるようにすると良いでしょう。「英英和」って便利で、しかも英語学習に役立つと思いますよ。一度書店で手に取って見てみましょう。実際にいくつかの単語を引いてみると良いですね。

達人セミナーについて
  • 英語教育・達人セミナーについて
  • 英語教育の情報交換のためのネットワークです。
    達人セミナーをはじめとするさまざまな研修会や英語教育についての情報を交換する場所です。
    ※最新のスケジュール等は毎週火曜日発行のメールマガジンでも情報を配信しています。
    メールマガジンを見る >>
    スケジュールを見る >>
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。