達セミに学ぶ 英語学習のヒント

全国の熱血教師による授業に学ぶ英語学習方法伝授

苫小牧市立緑陵中学校/西林慶武先生
  • 苫小牧市立緑陵中学校
  • 西林慶武先生
今回のヒント
Visualizing(視覚化)を活用して英語力を高めよう

 

Visualizingとは?

英語を使いこなせるようになるために、「読む」「聞く」「話す」「書く」という4つの技能を統合しながら、英語を英語のまま使う力が求められています。そこで、今回は日本語を介さず英語を英語のまま「聞く」「読む」ことで情報を受け取り、さらに「話す」「書く」という表現に繋げていくトレーニング方法をご紹介します。

私はこの活動をVisualizing「視覚化」と名付けて、中学生の授業で繰り返し行っています。Visualizingは大きく分けて2つの段階があります。1つは英語で「聞いたり」「読んだり」して得た情報をもとにイラストや図で表す段階。もう1つは、イラストを活用して英語で「話したり」「書いたり」して表すという段階です。

情報を視覚化することで理解する

まずは聞き取った情報を視覚化する活動として、ある程度まとまりのある長さのリスニング問題などを使い、2~3度聞きながら、できるだけシンプルに素早く図やイラストを描きます。個人の英語力と描写力にもよると思いますが、最初に英文を聞くときには、メモをとる程度で頭の中でイメージを膨らませ、その後にイラストや図を書き足すと良いでしょう。また、文字を記入するときには英語で書くようにすることで、できる限り日本語を使わないようにします。同様に読み取った内容を視覚化する活動では、1度目はざっと読んで内容を掴み、2~3度と英文を読みながらイラストに表していきます。

聞く活動も読む活動も、英文の情報を視覚化することで内容をしっかり捉えることができます。また、イラストに表せなかった部分は、自分が聞き取ったり読み取ったりできていない箇所ですので、その部分を重点的に確認すると自分が苦手とする表現や単語などが見えてくると思います。
もちろん、実際の試験の際にはどんどん読み進めていくことが必要になりますが、実はVisualizingの活動を繰り返していくと、イメージをつくりながら英語を英語のまま聞いたり読んだりする癖が付きますので、ポイントを絞りながら素早く情報を捉えられるようになります。

視覚化した情報を表現する

次に「話す」「書く」活動を行う時には、「聞く」「読む」の活動とは逆に、イラストとしてVisualizingした情報を英語で説明する活動を行います。自分で描いたイラストを参考に、自分の言葉で情報を再構築することで、英語で英語を表現する力を鍛えられます。

この活動はRetellと呼ばれる活動にも繋がりますが、「聞く」「読む」活動を少なくして、いきなり英語で表現しようとすると、難易度が高まるものの自分の言葉で表す力が鍛えられます。逆に、じっくり英語に触れてから表現する活動を行うと、表現の正確性や豊かさが高まります。ポイントとしては、いきなり英語を書こうとすると全然書けずに手が止まったり、日本語をヒントに英語を書こうとしたりしてしまいますので、まずは自分の言葉で説明をするという活動を行ってから書くと「話す」→「書く」力を段階的に活用して高めることができるようになり良いと思います。

私のVisualizingの発想のヒントは、近年よく耳にするようになったファシリテーショングラフィックやノート術にあります。これらの活動では、聞いたり読んだりした内容をイラストや図を用いて視覚化することで、頭の中が整理されるだけではなく情報の読み取りが進むとのことです。リスニング問題や長文読解問題を読んだり聞いたりするときにも、内容や情報を視覚化することで、より深く聞き取ったり読み取ったりすることができるようになると思います。

Visualizing(視覚化)を活用して英語力を高めよう

 

  • 苫小牧市立緑陵中学校
    西林慶武先生 プロフィール
  • 大学を卒業後、北海道にわたり礼文町立船泊中学校7年、稚内市立稚内東中学校7年の勤務を経て、ベルリン日本人国際学校へ。一度稚内に戻った後、苫小牧市立緑陵中学校にて勤務。ペア&グループワークとカードゲームを活用した授業を展開し、授業ですぐに使える活動を紹介した書籍を出版。英語教育と生徒への熱い想いを胸に、日常を大切にすることを心がけながら実践を重ねている。
達人セミナーについて
  • 英語教育・達人セミナーについて
  • 英語教育の情報交換のためのネットワークです。
    達人セミナーをはじめとするさまざまな研修会や英語教育についての情報を交換する場所です。
    ※最新のスケジュール等は毎週火曜日発行のメールマガジンでも情報を配信しています。
    メールマガジンを見る >>
    スケジュールを見る >>
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。