達セミに学ぶ 英語学習のヒント

全国の熱血教師による授業に学ぶ英語学習方法伝授

国際エデュテイメント協会/谷口幸夫先生
  • 国際エデュテイメント協会 事務局長
    達セミNEXT代表
  • 谷口幸夫先生
今回のヒント
英語はSVOで伝わる

私は、今年の3月で早期退職し、2019年4月1日~10日までアメリカのシアトル市の友人宅にホームステイしました。私が以前、勤務していた高校の外国人講師をしていたRob & Brittany夫妻の家です。ある日、ブリちゃんが出勤するというので、街の中心地まで車で送ってもらいました。さすが、コーヒーの街であるSeattle。途中、コーヒースタンドに立ち寄った時の話です。

かわいらしいウエイトレスさんが、ブリちゃんに"Hi, good morning. I like your earrings!"と彼女が身に着けていたイアリングを褒めたのです。ブリちゃんは、なじみのお客さんではあるけど、単にお客さんとアルバイトの店員さんという関係です。顔見知りというレベルでしたが、アメリカではごくごく普通の会話だそうです。10日間の滞在の中で、一番のカルチャーショックでした。

I like your earrings.は、学校文法で言うとSVO(主語+動詞+目的語)です。英語の語順で言うと「私は、好きです、あなたのイアリングを」と言っているに過ぎません。「いらっしゃいませ」はMay I help you?と言うと教科書には書いてありますが、実際の場面では、簡単な挨拶と、相手との距離を縮めるような一言で済ますことが多いと思います。

さっそくですが、これから出会う友人や同僚、または家族に、I like your ~.というフレーズで3つ言ってみましょう。には、suit, tie, dress, shirt, sweater, vest, shoes, hair style, smile, bag, wallet, purseなどが入ります。また、もう少し上級者になると、I like the way you talk.のように、「~の仕方」という意味の<the way +主語+動詞>でも言ってみましょう。

実は、ある英語の専門家が、5文型の中でSVOが一番頻繁に使われると言っています。日常会話でも、小説の中でも、半分以上がSVOです。8割ぐらい占める場合もあります。

ですので、英語を話そうとするときは、「誰が、何する、何を/誰を」という語順を意識しましょう。ある有名な歌の中でも、"I love you! I need you! I want you!"すべてSVOです。

今日からしばらくは、相手との距離を縮める言い回しを意識してみましょう。

 

  • 国際エデュテイメント協会
    谷口幸夫先生 プロフィール
  • 1995年より、英語教育・達人セミナー(略して「達セミ」)をスタートし、9年間で47都道府県を回り、2019年3月21日に、グランドフィナーレを迎え、ひとまず区切りをつけた。この春、早期退職後、一般社団法人・国際エデュテイメント協会の事務局長に就任し、6月1日より達セミNEXTをスタートさせた。協会は、Education部門で達セミNEXTを開催することを主目的にしている。また、Entertainment部門で(1)英語で歌って、踊れる中高生の発掘と養成をめざす「ショークワイア大会」(2)キーボードを利用してTesxt-chatting形式で行う「キーディベート大会」(3)「全国英語カラオケコンテスト」を全国各地で行うことを目指している。
    国際エデュテイメント協会:https://www.iueo.or.jp/
達人セミナーについて
  • 英語教育・達人セミナーについて
  • 英語教育の情報交換のためのネットワークです。
    達人セミナーをはじめとするさまざまな研修会や英語教育についての情報を交換する場所です。
    ※最新のスケジュール等は毎週火曜日発行のメールマガジンでも情報を配信しています。
    メールマガジンを見る >>
    スケジュールを見る >>
上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。